ノンカフェインで低タンニンなルイボスティーは赤ちゃんでも飲めることは分かりましたが、赤ちゃんはいつからルイボスティーを飲めるのでしょうか。生まれた直後の赤ちゃんに、すぐにルイボスティーを飲ませるのはさすがに抵抗があるママも多いかもしれませんね。実際のところは、どうなのでしょうか。

産後すぐでも成分上は大きな問題ないけど…
ノンカフェインで低タンニンなルイボスティーは、成分上は生まれた直後にあげても大きな問題無いとされています。とはいえ、産後すぐは母乳やミルクが中心だと思いますので、実際には早くて水分補給を目的にお風呂上がりに白湯を飲ませる位(生後2ヶ月頃)からになるでしょう。

ただし、生まれたばかりの赤ちゃんは消化器官が未熟なので、ルイボスティーの成分をうまく消化できずに下痢になってしまう可能性があります。そのため、ルイボスティーを赤ちゃんに与え始めるのは離乳食を始めた以降が無難です。煮出して作った場合は、よく冷ましたルイボスティーを薄めて与えるのが良いでしょう。

便秘気味の赤ちゃんにとっては便秘改善効果が期待できる
下痢になる可能性があるということは、逆に考えれば便秘改善の効果が期待できるということもあります。もしも、赤ちゃんが便秘気味なのであれば、ルイボスティーを積極的に飲ませてみると良いでしょう。

普段から白湯やベビー麦茶を飲ませているのであれば、それらをルイボスティーに変えてみると飲ませやすいですよ。

ルイボスティーを飲ませたら赤ちゃんの連日の便秘が解消された!と喜びの声をあげたママも多いです。

教えて!ルイボスティーチのイチオシ
数あるルイボスティーを調査したルイボスティーチが最もおすすめするルイボスティーは、世界の上位1%にあたる高品質茶葉を使ったエルバランシアのルイボスティーです。グレードが高い茶葉の方が、ルイボスティーに含まれるSOD酵素やフラボノイド、食物繊維・ミネラルなどの良い成分の含有量が多いことが知られています。しかも「煮出しタイプ」でしか販売しないという、徹底したこだわり。もちろん赤ちゃんも飲めます。赤ちゃんに飲ませるとなると、添加物など身体に悪い成分が含まれていないかは特に気になりますが、エルバランシアであれば安心して飲ませることができますよ。

ベルタルイボスティーの口コミ